ワードプレス

WordPressのタグやショートコードを瞬時に呼び出すプラグイン『AddQuicktag』

こんにちは、かしすけです。

以前の記事では、
『Shortcodes Ultimate』という
ショートコード作成プラグインの解説をしましたが、

今回はそのショートコードや
文字装飾に使うタグを登録して
ボタン一つで瞬時に呼び出すことができる、

『AddQuicktag』

というプラグインについて解説をしていきます。

以前の記事はこちら↓

●Wordpressのショートコード作成プラグイン『Shortcodes Ultimate』で記事装飾しよう!
●Wordpressプラグインの使い方と2種類のインストール方法

タグやショートコードの呼び出し

まず通常であれば、
タグやショートコードは毎回打つか、
コピペをしなければなりません。

『Shortcodes Ultimate』の
設定内容を覚えてくれるプリセット機能を使えば
多少の時間短縮はできますが、

それでも作業に時間がかかってしまいます。

ネットビジネスというのは
副業の場合は時間がそもそもないですし、
作業自体のやることも多いので、

時間の短縮がかなり大事になっていきます。

けれどタグやショートコードの入力で、
いちいち時間がかかっていては時間がもったいないですよね。

そこで紹介するのが今回の

『AddQuicktag』

というプラグインです。

タグやショートコードを瞬時に呼び出す『AddQuicktag』

まず『AddQuicktag』というのは、
一度登録したタグやショートコードを
瞬時に呼び出すことができるプラグインです。

ビジュアルエディタだけでなくテキストエディタからも
ボタン一つで呼び出すことができるので、
細かい作業の効率化を図ることができます。

また、タグやショートコードだけでなく、
定型文も登録することができるので、
様々な場面で利用することができます。

ただ『AddQuicktag』は
このような便利な機能を備えていますが、
導入するのは記事の更新に慣れてきてからがおすすめです。

初めのうちは何を登録すればよいかわかりませんし、
無駄に登録しすぎても逆に使いづらくなってしまいます。

なので『AddQuicktag』はブログの運営に慣れてきて、
文字の装飾など同じ作業が出てき始めた時に、
使い始めるのが一番良いかと思います。

『AddQuicktag』は時間の効率化に最適ですので、
あなたの状況に合わせて使ってみてくださいね。

また、実際の使い方については、
動画で解説をしているので、
そちらをご覧になってください。

ということで今回はこの辺で。

メルマガ登録はこちら↓

関連記事

  1. ワードプレス

    ワードプレス(WordPress)とは?初心者が絶対に導入すべき3つの理由

    こんにちは、かしすけです。今回はネットビジネスを行なっていく上…

  2. ワードプレス

    Worepressのユーザー名を非表示にする
プラグイン『Edit Author Slug』

    こんにちは、かしすけです。今回はワードプレスのユーザー名を…

  3. ワードプレス

    エックスサーバーとは? 無料サーバーとの違いや契約方法を解説!

    こんにちは、かしすけです。今回はワードプレスを設置するために必…

  4. ワードプレス

    ムームードメインの取得方法とエックスサーバーの紐付け設定について

    こんにちは、かしすけです。前回の記事では、エックスサーバー…

  5. ワードプレス

    WordPressテーマ(テンプレート)のインストール方法と選び方

    こんにちは、かしすけです。今回はサイトの外観作りで必要な、…

  6. ワードプレス

    WordPressのスパム対策
プラグイン『Akismet』の設定方法

    こんにちは、かしすけです。今回はワードプレスを運営していると必…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

かしすけ公式メールマガジン

Youtube公式チャンネル

最近の記事

  1. 集客

    SNSによるSEO対策とは?ソーシャルメディア集客のポイント
  2. マインドセット

    アフィリエイトで稼ぐためにやってはいけない他者期待マインドとは
  3. ブランディング

    ブランディングの崩壊とは?2種類の構築手順と注意点について
  4. ライティング

    マズローの欲求5段階説と無意識に呼びかけるコピーライティング
  5. マインドセット

    ネガティブ思考に陥った時に絶対にやってはいけないこと
PAGE TOP