ライティング

読まれるブログ記事タイトルの付け方と3つの効果的なアプローチ方法

こんにちは、かしすけです。

前回の記事では
心理の壁『3+1』のNOTの壁について話をしましたが、
その中で出てきた

「NOT OPEN(開かない壁)」

を超えるためには、

『タイトルライティングスキル』

が必要といったお話をしていきました。

なので今回は、
読まれるブログ記事タイトルのつけ方と、
3つの効果的なアプローチについて紹介していきますので、

今回の動画はしっかりと確認し、
タイトルライティングスキルを高めていただければと思います。

以前の記事↓

コピーライティングで超えるべき心理の壁『3+1』のNOTの壁

タイトルライティングとは?

まずタイトルというのは、
サイトの入り口となるもので、
読者の知りたい記事の内容を示すものになります。

読者はなんらかの知りたいことがあって記事を読むので、
読者の問題解決ができることを
タイトルで示していく必要があります。

そして記事タイトルをクリックされなければ、
いくら良質な記事を書いても意味がありませんし、
アクセスアップのためにも重要なものになります。

読まれるブログ記事タイトルのつけ方

読まれる記事タイトルをつけるには、
まずユーザーの流入経路を知る必要があります。

ユーザーは主に、

  • GoogleやYahoo!の検索結果
  • 各種SNS(ツイッターなど)
  • ブログの内部リンク

からあなたの記事へと流入していきます。

そしてこれらの流入経路は、
それぞれユーザーの考え方が異なるので、
次の3つのアプローチ方法を考えていく必要があります。

  • SEO(検索エンジン向け)タイトル
  • 好奇心刺激型(煽りなど)タイトル
  • 内容まとめ(要約)タイトル

では順番に説明していきます。

SEO(検索エンジン向け)タイトル

SEO(検索エンジン向け)タイトルは、
読者の検索キーワードを意識したタイトルのことです。

読者に検索されるであろうキーワードを拾って、
そこからタイトルの文章を作成していきます。

ただ検索エンジン向けタイトルを作るときには、
キーワードの羅列にならないように注意が必要です。

例えば、

「ネットビジネス 初心者 稼ぐ 方法」

といったキーワードに決めたときに、
これをそのままタイトルにすると
日本語としておかしいことになります。

なのでこのキーワードであれば、

『ネットビジネスで初心者が稼ぐために必要な3つの方法とは?』

といったように自然な文章を作成することが重要です。

好奇心刺激型(煽りなど)タイトル

好奇心刺激型のタイトルは、
検索キーワードを意識するよりも
ユーザーの興味を引くことを意識したタイトルになります。

そしてユーザーの興味を引くには、
主に以下の三つの方法があります。

  • 常識を覆す
  • 劣等感を刺激
  • 優越感を刺激

まず常識を覆すというのは、

『売り込みゼロでNO.1営業マンになる方法』

といったように、
営業マンは「売り込みをかけるのが常識」なのに、
「売り込みをかけないでもNO.1になれる」という
常識を覆したタイトルに興味を持たせるというものです。

続いて劣等感を刺激というのは、

『いつまでも稼げない人がやりがちな3つのミス』

といったように「いつまでも稼げない」といった、
ユーザーの劣等感を刺激することで、
思わずクリックしてしまいたくなるようなタイトルです。

そして優越感を刺激するというのは、

『最近の○○の劣化が激しすぎる件ww』

といったものです。

○○には主に有名人や成功者が入るのですが、
成功者の彼らが落ちぶれたようなタイトルを書くことで、
優越感を刺激し、クリックしたくなるような状態を作ることができます。

ただ、優越感を刺激するタイトルに関しては、
炎上して批判されるリスクも高いので、
記事ではフォローを入れたりと注意をしていく必要があります。

内容まとめタイトル

最後の内容まとめタイトルというのは、
サイトを循環してもらうためのタイトルのことを言います。

記事内に今まで書いた記事をまとめることで、
読者の満足度も高まり、サイトの価値を高めることができます。

内容まとめタイトルの例としては、

『【○○年最新版】稼げるネットビジネスの種類一覧』
『マックの期間限定商品の人気記事ランキングまとめ!』

といったようなものがあり、
ユーザーに多くの記事を見てもらうことが可能になります。

このようにタイトルをつける際には、
上記の3つのアプローチが存在しているので、

書こうとしている記事の役割をを意識しながら
どのアプローチが適切かを考えていく必要があります。

ただ、上記のアプローチは、
SEOを意識したまとめ記事など
組み合わせることも可能なので、
目的に応じて使い分けるようにしてみてください。

そうすれば検索順位の上位に表示され、
ユーザーに読まれるブログ記事タイトルを
書いていくこともできるようになります。

また、読者の問題解決をするという意識
忘れずにしていくようにしましょう。

これを忘れると煽り系の記事だけになってしまったり、
中身が伴っていない記事を作成してしまったりと、
サイトの価値自体が下がってしまう可能性もありますので。

ということで今回はこの辺で。

メルマガ登録はこちら↓

関連記事

  1. ライティング

    GDTの法則とは?9つの感情を刺激するコピーライティング

    こんにちは、かしすけです。今回はコピーライティングスキルの一つ…

  2. ライティング

    コピーライティングとは?スキルの重要性とおすすめの勉強方法

    こんにちは、かしすけです。今回はネットビジネスを行なっていく上…

  3. ライティング

    OATHの法則とは?コピーライティングで意識すべき4つの問題

    こんにちは、かしすけです。今回はコピーライティングの中でも、…

  4. ライティング

    PREP法とは?ブログ文章に説得力を生み出す4つの要素

    こんにちは、かしすけです。今回はあなたのブログ文章に説得力…

  5. ライティング

    Reason-whyコピーとは?買わない理由を無くす5つのステップ

    こんにちは、かしすけです。今回はコピーライティングの中でも、…

  6. ライティング

    返報性の法則(原理)とは?ビジネスに繋げる正しい使い方について

    こんにちは、かしすけです。今回はビジネスで使う心理学で、も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

かしすけ公式メールマガジン

Youtube公式チャンネル

最近の記事

  1. マインドセット

    超効率的なインプットで圧倒的な成果を生み出す方法
  2. ライティング

    OATHの法則とは?コピーライティングで意識すべき4つの問題
  3. ウェブツール

    Vimeo動画を倍速再生できるおすすめのChrome拡張機能
  4. 集客

    SEO(検索エンジン最適化)とは?2つの対策方法と注意点
  5. マーケティング

    プロダクトローンチとは?爆発的な売上を生み出す発売手法
PAGE TOP